リクナビNEXT

転職求人サイト | リクナビNEXTとは?

リクナビは求人サイトの代名詞といっても過言ではないほどの、日本最大級の求人情報サイトです。そしてリクナビNEXTは転職に特化した求人サイトとなっています。

リクナビに登録している会員数は約451万人でそのうちの80%がリクナビNEXTの会員となっています。1つの求人あたり平均43件の応募があり、求人を掲載する企業側からも最も人気の求人媒体となっています。その分求人倍率も高いと言えるのかもしてません。

求人広告の更新は毎週水曜日に行われています。あまりにも応募多数な求人に関しては、早期に掲載打ち切りもあり得るので、求人情報のチェックは毎週水曜日に行うといいかもしれません。

日本最大級の求人サイトだけに取り扱いの職種はとても幅広く、ほとんどの職種を取り扱っています。

取り扱い職種

  • 営業、事務、企画系
  • サービス、販売、運輸系
  • 専門職(コンサルタント、金融、不動産)
  • ITエンジニア(システム開発、インフラなど)
  • 電気、電子、機械技術者
  • 素材、食品、医薬品技術者、福祉
  • 建築、土木技術者
  • クリエイティブ系
  • 講師、公務員、技能工、その他

求人エリア

  • 日本全国、海外

マイページについて

会員登録でマイページ機能が使えるようになります。マイページにはプロフィールや職務経歴などを入力することができ、応募の際のエントリーシートやスカウトマンに公開するスカウトレジュメとしても使用できます。

  • 企業への応募や、やり取りしたメッセージの管理が行えます
  • 気になっ求人情報を「検討中リスト」として保存できます
  • スカウトマン向けのアピール文も「スカウトレジュメ」が使用できます
  • 希望条件に合った求人情報をお知らせるメールマガジンの設定ができます

スカウトメールについて

リクナビネクストにはオープンオファーとプライベートオファーがあります。オープンオファーはレジュメに記載された希望条件を参考に、多くの転職者に向け送られるスカウトメールです。

一方のプライべートはレジュメを個別に見て、是非面接に来てほしいと思った求職者へ送られるスカウトメールです。オープンオファーは応募勧誘、プライベートオファーはスカウトと思って頂ければ分りやすいと思います。オープンオファーは結構な頻度で来るのでプライベートオファーだけを有効にするといいかもしてません。スカウトメールを受ける受けないの設定もできるので、本命が決まっているという方はそもそも両方受け取らないよう設定をするといいでしょう。

なお、オープンオファーもプライベートオファーも企業からスカウトメールを頂いたら何かしらの返信は必ず行いましょう。

転職支援サービス

リクナビはリクナビエージェントという転職支援サービスも行っています。取扱い求人数がNo.1というだけに、転職成功実績もNo.1とかなり期待が出来るサービスです。もちろんサービスは無料なので、リクナビネクストと合わせて利用すると効率的に転職活動が行えます。

その他

リクナビは求人情報の掲載だけなく、転職に関連する様々なコンテンツも配信しているので、総合的な転職情報サイトとしてもかなり活用できるサイト構成となっております。例えば毎週、様々な著名人や有名人へのインタビューを掲載する「プロ論」。求職者以外の人にもかなり人気で書籍化までしています。転職者向けというより人生論としてとても参考になります。

リクナビNEXTに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクナビNEXTのクチコミ

Kenji より:

オープンオファーは結構くる。20代前半だととにかく送っておけ的な風になってるのかも。まぁオープンオファーは応募して下さいっていう一種の宣伝のような物だから。オファーだから勘違いしていい気になって応募したら書類で落とされた、なんてこともザラにある。

プル より:

プロ論結構好き。転職中じゃなくてもよく見てます。人生勉強にもなる。

転職中 より:

キャリアアップのため転職をしようと考え中。とりあえず一番大きい求人サイトのリクナビは登録しておいて損はないと思います。他の求人サイトで掲載している企業は大抵あるので、情報収集用にも使える。ちなみに、現在、書類審査が通過して1次面接前が3社。もう少し!

クチコミを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

転職求人サイトの関連ページ

無料転職求人サービス

  • DODA(デューダ)の無料転職支援サービス
  • ハタラクティブの無料転職支援サービス
  • ヒューマンタッチの無料転職支援サービス
  • リクルートエージェントの無料転職支援サービス
ページトップ