日本人は働き過ぎ?日本の有給休暇取得日数は世界ワースト1位

世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社は、日本、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン、イギリスの計10か国を対象に、有給休暇と休暇中の仕事に関する国際比較調査を実施した。

調査の結果、国際社会から「日本人は働きすぎ」と指摘されることがあるように、日本の有職者の平均有給休暇日数は、対象10カ国中ワースト2の年間19日でアメリカ(18日)に次いで少なく、取得予定の有給休暇日数に至っては、ワースト1の11日であることがわかった。

日本の有給休暇取得日数はワースト1。休暇を取りにくい雰囲気が蔓延

「昨年は有給休暇を充分に取得できなかった」と回答した日本人有職者にその理由を聞いたところ、「仕事が忙しかった(61.4%)」に次いで多いかったのは、「休める雰囲気ではなかった(32.5%)」、「同僚に気をつかった(21.0%)」、「なんとなく休まないうちに年を越してしまった(15.0%)」の順だった。仕事が忙しいのはもとより、休暇を取りにくい雰囲気がまだまだ日本には蔓延しているようだ。

少ない休暇だからこそ?休暇中は仕事から完全に切り離されたい日本人

その一方、日本人は「できれば休暇中は全く仕事のことは考えたくないし、仕事から完全に切り離されたい」と考えている人の割合が10カ国中最も多く(65.2%)、仕事のメールや電話など「どれも対応しない(休暇中は全く仕事しない)」と答えた人は31.9%と、ブラジル(35.9%)に次いで多い結果となった。

これは、アメリカ、オーストラリア、フランス、イタリア、ロシア、イギリスの6カ国で「休暇中はできれば仕事のことを考えたくないが、少しの対応なら問題ない」と回答した人の割合が5割を超えているのと対照的。休みが少ない分、オンとオフをしっかり分け、休みの時は休みに集中しようとしている日本人の姿が浮かび上がったと言える。

休暇中に仕事をする理由としては、すべての国で「自分が対応しなければならない緊急の案件があるかもしれないから」という回答が最も多く、ビジネスパーソンとしての責任感は各国共通であることも分かった。

今回の結果について、トリップアドバイザー株式会社代表取締役の原田静織氏は、以下のようにコメントしている。

「日本人は有給休暇取得日数が少ないと言われてはいますが、今回の調査でもそれが顕著に現れました。仕事量が多いのはもとより、まだまだ職場内では休暇を取りにくい雰囲気があるようです。短い期間だからこそオンとオフを切り替えて休暇の間はメリハリを付けたいようにも思われます。休暇中に仕事は避けたいものですが、上手にスマートフォンやタブレットを駆使して、より長い休暇を取得して旅行などに出る方法もあるかもしれません」

提供:@DIME編集部

無料転職求人サービス

  • DODA(デューダ)の無料転職支援サービス
  • ハタラクティブの無料転職支援サービス
  • ヒューマンタッチの無料転職支援サービス
  • リクルートエージェントの無料転職支援サービス
ページトップ