正社員の平均年収は442万円と前年度に比べ再びマイナスに!

株式会社インテリジェンスは同社が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」で「DODA 平均年収データ2014」を発表した。このデータは「DODA転職支援サービス」に2013年9月~2014年8月の1年間に登録した正社員として就業するビジネスパーソン約16万人(22~59歳)、100職種の年収データを集計したもの。調査の結果、正社員の平均年収は442万円となり、再びマイナスに転じたことがわかった。

また、35歳が年収増減のボーダーラインとなっており、35歳未満は増加、35歳以上は減少傾向が見られることがわかった。年代別にみると、20代は348万円で前年比-1万円、30代は458万円でほぼ横ばい、40代は586万円で-12万円、50代は721万円で-35万円となり、減少し続いていることがわかった。1歳毎にみると、35歳未満は26~28歳を除く全ての年齢で年収増加、35歳以上60歳未満はほぼ全年齢で減少している。

「投資銀行業務」が今年も1位に

前年から1位、2位は変わらず。1位は「投資銀行業務」で935万円。2位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」で709万円。3位は昨年4位だった「MR」が703万円でランクアップした。

前年比で最も増加したのは「研究開発(IT/通信)」

前年比で最も年収が増加したのは「研究開発(IT/通信)」で580万円、+48万円となった。クラウドやビックデータなど新規サービスのニーズが高く、コアとなるテクノロジーを研究・開発する人材の給与が上昇していることが影響したようだ。

社内ポスト不足も35歳以上の年収減要因に。年功給から成果給へのシフトも増加

今回の調査結果について、DODAの木下学編集長は以下のようにコメントしている。

前回調査では4年ぶりに平均年収が増加たが、今回は再びマイナスに転じた。今年は、企業の業績回復やベア実施により賃金アップが期待されていたが、前回調査を上回った年代はなく、平均年収も4万円のマイナスに。一方、求人倍率の上昇が続く、「医薬品メーカー」(+40万円)などのメディカル業界、人手不足が続く、「ハウスメーカー」(+33万円)や、「ディベロッパー」(+30万円)などの建築・不動産業界では大幅アップとなった。

今回調査では35歳以上における年収の減少傾向が顕著だった。30代の平均年収は3年連続458万円だが、35歳を境に、30~34歳までは2年連続前年比プラス、36~39歳では2年連続マイナスとなった。さらに40代、50代では減少トレンドが続いている。社内の平均年齢上昇によるポスト不足や定年の延長など、これまでの年功による給与体系は見直されつつある。

一方、年齢に関係なく、経験やスキルに応じた給与で募集を行う求人も増え始めており、今後もこの流れは続くものと推察される。年収アップのためには、自身の強み

や市場価値を正しく把握し、計画的なキャリア形成を行っていくことが、ますます重要になっていくと言えそうだ。

調査概要

調査期間:2013年9月~2014年8月
対象:DODA転職支援サービス登録者のうち、正社員として就労している22~59歳のビジネスパーソンの男女 約16万人(平均年齢33歳)
調査方法:登録者の年収データより算出(手取りではなく支給額より算出)

提供:http://dime.jp/

無料転職求人サービス

  • DODA(デューダ)の無料転職支援サービス
  • ハタラクティブの無料転職支援サービス
  • ヒューマンタッチの無料転職支援サービス
  • リクルートエージェントの無料転職支援サービス
ページトップ