給料と仕事量のバランスがいいのは派遣社員>契約社員>バイト>正社員

「女性活躍推進」や「柔軟な働き方の実現」などが声高に叫ばれ、ワークライフバランス実現の方法を模索する動きが注目を浴びている。日本は労働時間が長いことも過大視されていますが、雇用形態や勤務時間の長短がワークライフバランスとどう関係しているのだろうか。

エン・ジャパン株式会社は同社が運営する、人材派遣会社集合サイト「エン派遣のお仕事情報」上でサイト利用者2,629名を対象に「ワークライフバランス」についてアンケート調査を行なった。正社員・派遣社員・契約社員・アルバイトの人それぞれに調査した結果、ワークライフバランスの雇用形態別満足度は、1位は派遣社員で、最下位は正社員だった。また、現在の勤務時間・勤務日数を長いと感じているのは正社員で、短いと感じているのはアルバイトだった。さらにワークライフバランス改善のために、正社員は仕事の割合を減らし、アルバイトは増やしたいと考える人が多数派であることがわかった。

ワークライフバランスの雇用形態別満足度、第1位は派遣社員。最下位は正社員

「現在のあなたのワークライフバランスはいかがですか?」と質問し、「ちょうど良い」「だいたい良い」と回答した人の比率を雇用形態別に調査した。1位は「派遣社員」(64%)、第2位は「契約社員」(59%)、第3位は「アルバイト」(56%)、第4位が「正社員」(47%)だった。派遣社員で働く人は、趣味や家庭など仕事以外に比重を置いた働き方を望んでいるケースが多いため、ワークライフバランスへの満足度も高いという結果になった。反対に、正社員はもっとも満足度が低く、「悪い」という回答も14%と唯一1割を超えた。

現在のあなたのワークライフバランスは?と質問した結果

現在のあなたのワークライフバランスは?と質問した結果

現在の勤務時間・勤務日数を長いと感じているのは、正社員。短いと感じているのはアルバイト

「現在の平均勤務時間・平均勤務日数はどのくらいですか?」と質問したところ、もっとも労働時間が長いのは正社員で、もっとも短いのはアルバイトという結果になった。労働基準法で、労働時間は原則1日8時間まで(休憩時間を除く)とされているが、正社員の平均勤務時間は「9時間以上」という回答が32%にのぼった。アルバイトは、「4~6時間未満」という回答が32%と最も多く、「4時間未満」という回答も唯一、1割を超え13%。派遣社員は、「6~7時間未満」という回答がもっとも多く、42%だった。平均勤務日数は「週5日」という回答が、アルバイトを除いてそれぞれ7割を超え、アルバイトのみ「週3~4日」という回答が39%で最多となった。

「勤務時間・勤務日数についてどう感じていますか?」と質問し、「ちょうど良い」と回答した方の比率を雇用形態別に見ると、順に「派遣社員」(62%) 「アルバイト」(55%) 「契約社員」(53%)「正社員」(44%)が並び、ここでも派遣社員の満足度の高さがうかがえる。「長い」という回答は正社員が51%でもっとも多く、反対に「短い」という回答は「アルバイト」が26%でもっとも多い結果になった。

ワークライフバランス改善のために、正社員は仕事の割合を減らし、アルバイトは増やしたいと考える人が多数派

ワークライフバランスが「あまり良くない」「悪い」と回答した人に、どうすれば改善するかを伺ったところ、「仕事の割合を減らす」と半数以上が答えたのは「正社員」(74%)「契約社員」(57%)「派遣社員」(50%)だった。「アルバイト」のみ「仕事の割合を減らす」(33%)よりも「仕事の割合を増やす」(50%)の回答が上回り、ワークライフバランス充実のために、もっと仕事をしたいと考えていることが分かった。

【調査概要】

  • 調査方法:インターネットによるアンケート
  • 調査対象:「エン派遣のお仕事情報」利用者 2,629名
  • 調査期間: 2014年11月27日~2014年12月24日

提供:http://dime.jp/

無料転職求人サービス

  • DODA(デューダ)の無料転職支援サービス
  • ハタラクティブの無料転職支援サービス
  • ヒューマンタッチの無料転職支援サービス
  • リクルートエージェントの無料転職支援サービス
ページトップ