転職はスマホを使ってする時代!通勤時間の5分で企業にアプローチ!

転職サービスもついにここまできた。

転職経験のある30代以上のビジネスパーソンには、隔世の感があるかもしれない。スマートフォンで手軽に転職先が探せる。しかも毎日5分もあれば、1カ月に述べ300社の求職先にアクセスできる。まさにスマホ時代ならでは、といえる新しい転職サービスが登場した。

仕掛けるのは、会員制転職サイト「ビズリーチ」を運営するビズリーチ(本社・東京都渋谷区)だ。11月26日にiOS版でダウンロード配信をスタートしたのは、スマホ用の転職アプリ「キャリアトレック(careertrek)」である。

スマホ専用にUIを新設計

もともとパソコン(PC)やスマホなどのブラウザに対応した転職サイトとして約半年前から本格的に運営してきたが、今回、スマホアプリ用に表示方法や操作感などのユーザーインターフェース(UI)を新たに専用設計した。アンドロイド(Android)版は2015年3月ぐらいまでをメドに投入する。

最大の特徴は従来型の転職サイトには欠かせなかった検索機能を排除したことだ。おそらく「日本初となる」(ビズリーチの関哲・執行役員キャリアカンパニーCOO)。一方で、ユーザーの職歴や志向するキャリアなどの基本情報に沿って、めぼしい転職先を自動で探し、ユーザーにレコメンド(お薦め)する機能を持つ。それも1日最大10社なので、通勤途上や就寝前などのすき間の数分を使った転職活動が可能となる。

対象とするのは20代を中心とした若手ビジネスパーソンだ。新社会人になって間もない第2新卒、リベンジ転職を果たそうとする層などである。社会人経験が少なく、キャリアの方向性が定まっていない若手人材は、知っている企業や職種が少ない一方、未経験業界でも人柄や基礎的な能力などがあれば、採用されるポテンシャル採用の対象ともなりうる。

キャリアトレックがすでに約7万人がユーザー登録しており、求人情報を掲載している企業は約4000社に上る。IT系に限らず、メーカーや外資企業など幅広い業種の会社が集っているのも特徴である。

お薦めされる会社について、ユーザー側にまず表示されるのは写真1枚と1行のキャッチコピーのみ。ユーザーはその中から関心を持った企業に絞って、詳しい情報を調べることができ、実際の求人に応募もできる。使えば使うほどユーザーの潜在ニーズに応じた企業がお薦めされるような仕組みにもなっている。

従来型では若い層にリーチできなかった

ビズリーチは主に30代以上の管理職向けの会員制転職サイト。2009年のサービス開始から5年で約36万人が登録するサービスに育ったが、若い人材にはほとんどリーチできていなかった。そこで若手向けの転職ニーズ対象とした転職サービスを展開していくに当たっては、従来とは異なる発想の仕組みが必要と判断。キャリアトレックが生まれた。

キャリアトレックが競合相手と想定するのは、リクルートの「リクナビNEXT」やインテリジェンスの「DODA」、エン・ジャパンの「en」などといった転職サービス大手のほか、ウォンテッドリーやGreen(グリーン)などの新興企業となる。

転職という人生の重要な選択をスマホで進めていくとは、なんとも今の時代らしい話で、収益性は未知数。だが、ビズリーチによると、キャリアトレックはサービス開始1年での黒字化が視野に入っており、2015年には15万~20万人規模の会員数を目指すという。ビズリーチの関執行役員は「転職自体は軽いことではないが、気軽に初めてもらい時間をかけて多くの選択肢の中から、志望先企業を慎重に選んでほしい」と話している。

たとえば10年前を振り返れば、ネットを使ったとしても求人情報はみずからかなり積極的に探さなければ見つからなかった。そもそも求職者と求人企業をうまく結び付けることは簡単な話ではなく、昨今は人手不足も指摘される中で、技術の進歩がもたらした企業と求職者の新しい出会い方に約4000社が集っているのも一定の合理性がありそうだ。

提供:http://toyokeizai.net/

無料転職求人サービス

  • DODA(デューダ)の無料転職支援サービス
  • ハタラクティブの無料転職支援サービス
  • ヒューマンタッチの無料転職支援サービス
  • リクルートエージェントの無料転職支援サービス
ページトップ