履歴書を書く前の心得

応募する転職先が決まったら、まず一番始めにやる事が履歴書の作成です。履歴書を書く際には、自分自身の学歴や経歴などの基本情報はもちろん、応募する企業の事業内容や業種・職種に沿った情報も揃える必要があります。単なるプロフィールで終わらないようにしっかり採用担当者にアピールできる履歴書を書きましょう。

そもそも履歴書ってなぜ必要なのか?

そもそも履歴書ってなぜ必要なのか?

履歴書が必要な理由の多くは、書類審査による入社資格の確認です。記入された基本データと志望動機、自己PRを元に、実際に会って面接したい人材かどうかを決める判断材料となっています。

つまり、履歴書は採用面接を受けるための受験票のような存在。これがなければ、内定どころか採用担当と会う事すら出来ません。就職活動・転職活動を行う上で、絶対に必要な物だと言えるでしょう。

採用担当はあなたの履歴書のココを見る

採用担当はあなたの履歴書のココを見る

ただ単に、あなたの基本情報を履歴書に記入すればいいと言う訳ではありません。採用担当は1枚の履歴書から多くの情報を抜き取ります。

学歴や職務経歴と言った基本情報、資格や志望動機と言った自己PRはもちろん、「字の綺麗さや丁寧さなどは性格を表す」と言われているように、履歴書の書き方によって人格を評価している採用担当も多いでしょう。字は綺麗に越したことはありませんが、自身が無くてもとにかく1文字1文字丁寧に書きましょう。文字間、行間など読み手の気持ちを考えた書き方は高い評価につながるはずです。

大げさではありますが、履歴書の出来によって面接まで行けるかどうか左右されると言ってもいいほどです。

履歴書とエントリーシートの違い?

一般的な求人サイトから求人に応募する際は「エントリーシート」という、言わばWeb上の履歴書を企業の採用担当に送信します。エントリーシートには、氏名、年齢、生年月日、住所などの基本情報から、学歴、職歴、スキル、志望動機、自己PRまでと、履歴書よりも充実しているのでは?と思ってしまうほどの情報を入力して企業に送っています。

しかし、エントリーシートによる書類審査通過後に、採用担当から「面接時には履歴書と職務経歴書を持参ください」と必ず言われますよね。「書類による入社資格は満たしているのでは?」と疑問に思う方も多いでしょう。もちろん、面接に進んだ時点で書類審査には通過しているので心配はありません。

では、なぜ履歴書が必要なのか?これに関しては前項で言った通り、実際に求職者によって手書きされた履歴書から、多くの情報が得られるからです。また、複数の応募者を見比べる時に、掲載した求人サイトの管理画面を見るより、履歴書という実物の書類を見比べた方が判断しやすいという点もあります。

使用用途やメリットなど
履歴書 ・採用面接時に質問内容の参考資料として使用される
・字の綺麗さや丁寧さなどで人格を評価している
・決まったフォーマットなので複数の応募者を見比べる際に便利
エントリーシート ・求人サイトによって決められたフォーマット
・書類審査の判断材料として使用される
・インターネットを使って送受信されるので手間がかからず早い

その他にも、履歴書作成という正直面倒な作業をあえて実施することで、求職者の本気度も試していると言った意見もありました。

一部企業では履歴書は不要とする兆しもあるようですが、ほとんどの企業ではこれまで通りに履歴書は大切な判断材料とされるでしょう。

それでは実際に、採用担当の心をつかむ履歴書の書き方を学んでいきましょう!

履歴書の書き方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職対策の関連ページ

無料転職求人サービス

  • DODA(デューダ)の無料転職支援サービス
  • ハタラクティブの無料転職支援サービス
  • ヒューマンタッチの無料転職支援サービス
  • リクルートエージェントの無料転職支援サービス
ページトップ